« 政権交代と温暖化 | トップページ | 温暖化と借金と自民党政権の消費期限切れ »

温暖化を阻止できる政党はどこ?

いよいよ総選挙が近づいている。
 温暖化対策だけで投票先を決めるわけにはいかないが、各党の対策を比較してみよう。

自民党 公明党 民主党
削減目標(1990年比) 2020年 8% 25% 25%
2050年 80% 60%
環境税 炭素税導入を検討 地球温暖化対策税導入を検討
排出量取引市場 2013年までに排出量取引の国内統合市場を本格実施 創設する
製品にCO2量表示 導入を促進 推進
2020年の再生可能エネルギー導入目標 太陽光発電を20倍に(8%) 20%以上に 10%程度
買取制度 (太陽光発電のみ) 固定価格買取制度を拡充、RPS法の導入義務量を引き上げる 固定価格で全量買取
原 発 発電比率、設備利用率を上げる 安全性を確保しつつ稼働率を上げる 安全第一
送電体制など
エコカー 年間100万台程度の需要を増やす 2020年に新車販売の70%を目指す 購入を助成
ガソリン税等
暫定税率
廃止
高速道路料金 現行の割引制度を恒久化、さらに引き下げる 段階的に無料化
共産党 社民党
削減目標(1990年比) 2020年 30% 30%
2050年 80% 80%
環境税 環境税導入 炭素税を導入
排出量取引制度 導入 自主参加型はやめ、キャップアンドトレード型を導入
製品にCO2量表示
2020年の再生可能エネルギー導入目標 20% 20%
買取制度 固定価格買取制度を導入
原 発 計画的に撤退。プルサーマル・もんじゅ計画撤回。老朽原発など停止も。 脱原発をめざし、核燃料サイクル・再処理を中止。プルサーマル計画に反対。
送電体制など 電力会社の地域独占・垂直的(送電・発電・売電)な独占体制を見直す。送電部門を開放。
エコカー
ガソリン税等
暫定税率
廃止 廃止
高速道路料金 (現行の無料化は)
問題あり
新党
日本
2050年迄に温室効果ガスの半減を地球規模で実現すべく、世界の3割の排出量を占める中国、インドと日本の3国による数値目標を設定します。
みんなの党 地球環境問題で我が国が主導的役割を果たすため、日本の温室効果ガスの削減目標を、中期(2020年)▲25%、長期 (2050年)▲80%に設定(90年比) 。今年末のCOP15に向け、米国はもちろん、中国、インド等の新興国、発展途上国も参加した実効的な排出削減メカニズムを構築する。
国民
新党
<マニフェスト一覧>
 自民党:自民党政策BANK
 新党日本:日本「改国」宣言
 みんなの党:マニフェスト2009
 国民新党:2009政権政策

 温暖化対策に関する限り、これまでCO2排出量を増やしてきた自民党・公明党は論外だ。

  高速道路料金の無料化や「暫定税率」撤廃は温暖化対策に逆行している。

 原発に関する対応を見ると、環境問題に真剣に取り組もうとしているかどうか、分かるようだ。

 どの政党が温暖化阻止に熱い思いを抱いているか、冷静に見極めよう。

(アース)

|

« 政権交代と温暖化 | トップページ | 温暖化と借金と自民党政権の消費期限切れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504916/45986403

この記事へのトラックバック一覧です: 温暖化を阻止できる政党はどこ?:

« 政権交代と温暖化 | トップページ | 温暖化と借金と自民党政権の消費期限切れ »